2012年09月07日

落合博満氏が

「絶対にやりません。永遠にありません」
「現役監督では無理だと思う。自分のチームをほったらかして国際大会に行くというのは、あってはいけない」
「野村さんがやる全日本を見てみたいが、12球団が協力してやるとなると、一番協力しやすいのは山本浩二さん」

(産経新聞より引用)

と、噂される第3回WBCの日本代表監督についてコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000501-san-base


過去の著書や発言をみれば、この答えは想像に難くないですね。
監督へ与えられた命題と、監督をサポートする体制が不明確な中で、プロとしてどう振る舞うか?
その辺が落合氏の思うところでしょうか?
同時に、山本浩二氏の名前を挙げてしまったところで、この話は一気に終息へ向かうことにもなりそうです。

しかし、見たかったといえば見たかった、というのも本音。
日本プロ野球史上に燦然と輝く、三冠王三度獲得の落合博満の日の丸姿。
posted by 野球ゴロク編集長 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

イチロー選手(ヤンキース)が

「とても長くヤンキースでプレーしていた。それは長い間いいプレーをコンスタントに続けなければならなかったという意味だが、必要なのは選手としての能力だけではない」
「ヤンキースに長くいるためには、人間としてもできてなければならない。彼はそれができていたと思う。ヤンキースで長く過ごしていたことがその証拠だ」
「その事実こそが、松井が偉大な選手であり、人として素晴らしいということを物語っている」

(MLB.JPより引用)

と、ヤンキースに移籍したイチロー選手が松井秀喜選手について珍しくコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00000213-mlbjp-base


イチロー選手が松井選手については公に語らないのは有名な話ですので、オッと思いました。
外からみたヤンキースのプレッシャー、これが実際に自分が身を置くことでどう心境が変わっていくか?
今後のイチロー選手のコメントも楽しみです。
posted by 野球ゴロク編集長 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

ダルビッシュ有投手(レンジャース)が

「日本は(そういう)変な固定観念に縛られすぎて、全く野球が伸びていない。ここ何十年も…」
(スポニチより引用)

と、メジャー1年目のオールスター出場に当たっての会見でコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000048-spnannex-base

そういう変な固定観念というのは、筋力トレーニングについての話題での話。
日本ではとかく筋肉を“つけすぎる”のは体の動きを妨げるので良くない、という風潮が強いです。
日本時代に自ら筋トレで体重を大幅に増やす試みもし、
アメリカで今のメジャーの選手が実際に行っているトレーニングを見てのダルビッシュ投手のコメント。

日本のファンの中にはこのコメントに対して拒絶反応もあったようですが。
ダルビッシュ投手が1人ずば抜けて活躍できていることを考えると、
私は
「単純にやらないよりは1回やった方がいい」
「やらないで言うより、やってからミスを分かった方がいい」
というダルビッシュ投手のコメントに説得力を感じます。
posted by 野球ゴロク編集長 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。