2010年05月01日

坂本勇人選手(巨人)について

「教えていなかったわたしが悪いということ」
(時事ドットコムより引用)

と、原辰徳監督が挟殺プレーの際にミスを犯した坂本選手についてコメント。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010043001195

挟殺プレーの場面、3塁の走者として城島捕手に追われて三塁に戻った坂本選手。
その時点で三塁へ到達した二塁走者の脇谷選手がタッチアウト。
しかし、ここで坂本選手も塁を離れてタッチアウトにされるという凡ミスがありました。

完全に軽率なプレーであり、このルールを知らないということはありえないと思いますが、
原監督は上記のようなコメント。
お怒りは相当なものだと思いますけどね。
posted by 野球ゴロク編集長 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ルールの確認(9)〜塁を占有する権利
Excerpt: 4月30日の甲子園で行われた阪神−巨人の試合中であったプレーで、あちこちで物議をかもし出しています。 いわゆる「塁の占有権」というルールに関するプレーです。 (野球規則7・03) 二走者が同時に一つ..
Weblog: 野球について知ったこと
Tracked: 2010-05-01 10:39

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。