2010年01月19日

落合博満監督(中日)が

「うまくなりたいやつだけやればいい。」
「自主性も何も、プロ野球選手のやるべきことは1つしかない。」
「競争だもん。競争に勝ち残れるかどうかだよ」
(スポニチより引用)

と、今春の沖縄キャンプの方針を決めるスタッフ会議にてコメント。

中日の恒例となっていた特守を選手からの志願制にするそうです。
今更?なのか何故?なのか。
それを選手に考えさせるのが本当の目的かも知れませんね。

選手には常に競争意識を植え付けておく。
競争に勝ち残った選手しか起用しない、出来ない。
就任から一貫した姿勢ですね。

新しいレギュラーの出現に期待しましょう。
タグ:落合博満
posted by 野球ゴロク編集長 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138755519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

落合の言葉と信念によるコーチング
Excerpt: 中日の落合監督。 毎年オフ〜キャンプの間にはチームの構想について発言があり、いろいろマスコミを賑わせることが多い監督ですね。 マス...
Weblog: 野球について書いてある本、紹介します
Tracked: 2010-01-21 00:23

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。