2011年04月22日

沢村拓一投手(巨人)が

「佑ちゃんや福井君に続きたかった」
「同じ土俵で野球をやる立場として、投げ合ったときに負けたくないと思う。とても刺激になる」
(産経新聞より引用)

と、甲子園でのプロ初勝利を受けてのコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000091-san-base


近年稀に見る、と言われた逸材たちのドラフトが昨秋でした。
ドラフトまでは“稀”でも、プロ入り後に花が咲かないこともあるのがプロ野球。
でも、今回の世代は既に開幕1軍どころかローテーション入りを何人かが果たした上に、
4月のこの時期に3人が勝利を挙げています。
こう見ると、有力選手がMLB挑戦などで日本のプロ野球を離れていっても、野球人気は安泰なのかなぁなんて思ってしまいます。


★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
posted by 野球ゴロク編集長 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。