2011年03月01日

松本編成統括(千葉ロッテ)が

「内野手はキャンプ中に今江がケガした状況もあり、西岡も移籍した。そういう中で高浜くんがウチのニーズに合った」「ケガに泣かされていたが紅白、オープン戦と素晴らしい結果を残したとあって、推薦した」
(デイリースポーツより引用)

と、FA移籍した小林宏投手の人的補償として阪神の若手内野手である高浜卓也内野手の獲得を発表しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000025-dal-base


ここ数日でうわさになっていたとおりの発表になりました。
高浜選手は今春のキャンプでは絶好調で、目にも留まりやすかった感はあります。
ここ数年、怪我で苦しんだ選手とはいえ、高卒ドラフト1位で獲得した選手であり、それをプロテクトしていなかったのだから、もし阪神球団がこれを後悔するのであれば編成の失敗と言われても仕方ありませんね。

上記のコメントどおり、千葉ロッテにしてみれば、イキのいい若手内野手が増えるのは好都合。
しかも、キャンプでの好調を見極められてからの獲得となりました。

もっとも心配なのは、オープン戦まで始まったこの時期で1軍昇格を狙っていた若手選手の移籍だけに、高浜選手本人の気持ちの持ち様だけですね。


★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
posted by 野球ゴロク編集長 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。