2011年02月24日

久保康友投手(阪神)について

「あれだけ投げられるのは体が強くなったということ。フォームも崩れていなかった」
「2年前までの久保なら、あれだけ投げられてないやろ」
「今は投げる哲学者になっている。いいピッチャーになった。もう我々の範ちゅうを超えているよ」
(スポニチより引用)

と、300球超の投げ込みを行った久保投手について山口投手コーチがコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110223-00000007-spn-base


絶賛のコメントになっています。
久保投手、私のイメージではややひ弱なイメージがあったのです。
でも、記事を読む限り、阪神移籍後も体幹トレーニングと、投球フォームの追求を継続してきて
それが目に見えて実ってきたということの様子。
この投手も松坂世代の投手で、まだまだ老け込むには早い投手だけに
更なる飛躍を期待しています。


★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
posted by 野球ゴロク編集長 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。