2010年11月23日

岩隈久志投手(楽天)が

「お金の問題じゃない。歩み寄ろうとする気持ちがないなら、必要とされてないと感じてしまう」
(スポニチより引用)

と、ポスティングで交渉権を獲得していたアスレチックス球団との交渉で不快感全開のコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101123-00000000-spn-base


ライバル球団に獲得されるのを嫌がったアスレティックスの“嫌がらせ”だったのでは?
とすら憶測されている今回の交渉過程。
ポスティングという制度そのものの不備も指摘されていますし、
今後ポスティングを狙っていた日本人選手の動向にも影響がありそうですね。
もちろん、金銭面で「ポスティング>FA」と見込んでいる球団側にも。

球団にも資金が入る、FAより早くMLB挑戦のチャンスが得られる。
いわば使い方によってはいいこと尽くしだったポスティングシステム。
今回の経緯を明確にして、日本側が見直しを図るのか?MLBとも歩み寄るのか?
いずれにしても来年のオフを迎えるまでには何らか動きを期待したいです。

それとも、もともとそんな程度の効力しかないことをわかっていたアスレティックスと、
ポスティング応札=MLBに行ける
と安易に考えていた我々が甘かったのでしょうかね?

★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
posted by 野球ゴロク編集長 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。