2010年11月04日

落合博満監督(中日)が

「下手な野球をやらせちゃったな。ベンチワークの失敗」
「向こうが勝っててもおかしくないゲームを取れた。これは大きい」
「明日以降、ウチにうまく風が流れるよ。野球ってそういうもんだ」
(デイリースポーツより引用)

と、日本シリーズ第4戦での勝利後にコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101104-00000016-dal-base


具体的にどの辺をベンチワークの失敗と表現したかがさだかでないですが、選手・特にリリーフ投手陣は究極のピンチの中でベンチの期待に見事に応えた、すばらしい勝利に見えました。
選手の名前を挙げて褒めることはしないけれど、勝ちきった選手全員を褒めることを狙っているのでしょうかね。
選手の頑張りが凄かった分、指揮官として自虐的に反省をしているコメントなのだ、と解釈してみます。

向こう(千葉ロッテ)が勝ってもおかしくないゲーム、というのは見た人全員が思ったところ。
落合監督がいうように“風”が来ると、今日で王手がかかり地元名古屋で・・・と、中日ファンにとっては理想的な流れになりそうですね。

★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
ラベル:落合博満
posted by 野球ゴロク編集長 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。