2010年10月14日

黒木知宏氏(元ロッテ)が

「大変光栄な話だが、もう少し自分なりに勉強する時間が必要」
(カナロコより引用)

と、来季横浜1軍投手コーチの要請を断ったそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101014-00000008-kana-base


引退後すぐに現場復帰する人と、一定期間の活動を経て現場復帰する人と、いろいろいます。
僕はどちらかといえば後者側に賛成です。
ある程度短期間で結果を出さなければいけない1軍スタッフにいきなり抜擢されるのは名誉な事かもしれませんが、就任して結果を出すことの方が難しそう。
しかも、引退した時点で在籍していたチームならともかく、他球団のスタッフとしてすぐに、というのも。
2軍のスタッフとして、というならまた話も別かも知れません。

ただ、黒木氏という方に関していえば、
エースとして活躍した実績もある。
追い込まれながら奮闘した精神力も知られている。
故障に悩まされ、その辺の心身のケアについては理解が深そうである。
と、経歴的に魅力のある人物であると思っています。
充電期間を経たのち、どこかの球団で必ず指導者として戻ってきてほしい人材です。


★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
posted by 野球ゴロク編集長 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。