2010年10月03日

落合博満監督(中日)が

「1回全員抹消する。事務局にも確かめた」
「途中で痛いと言われたらどうしようもない。いつでも入れ替えできるようにする」
(時事通信より引用)

と、CSシリーズの最終ステージまでに時間があるためにとった手続きについてコメント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101002-00000115-jij-spo


落合監督は野球のルールには細かいところまで勉強して精通しているという話は聞いたことがあります。
その上で、投球制限時間のルールなどができたときには、ルールの中で有効な方法などを独自のアイデアで提案したりしていました。
今回はCSへ進出したチームの選手登録について。
ルールに則って、最大限に有利に戦おうとするアイデアですね。

登録している選手を一度抹消すると、再登録までに10日間の間隔を空けなければいけないというルールがCSの期間も適用されますが、CSの最終ステージまで出番がない中日は、ずいぶんと長い間試合予定がありません。
その間に選手が怪我をしたり、調子を崩したりということは十分ありえますね。
選手の準備はもちろんですが、出来得る限りの準備をチーム全体で進めていく姿勢は評価されるものだと思います。


異端児的な報道をされがちですけれども、こと決められたルールに関しては、しっかりその中で策を練っていく。
来年以降、追随するチームが出るのではないでしょうか。
今回もいいアイデア・先見能力を提供してもらいました。


★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
ラベル:落合博満
posted by 野球ゴロク編集長 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。