2010年09月16日

田代富雄監督(湘南シーレックス)が

「現場にこだわりがあり、背広は似合わない」
(毎日新聞より引用)

と、退団の意思を申し出た後に球団からフロント入りを打診された際に返答。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000101-mai-base


一時は監督代行としても前任の後を受けて1軍を指揮し、そしてまた2軍監督へ。
一本筋が通ったというか、現場への愛着を本当に感じる身の振り方に見えます。
来年からは“湘南シーレックス”の呼称もなくなってしまうということですし、
何か区切りもついたのでしょうか。

それにしても、大洋時代を知る身としては
その頃からの人の繋がりが首脳陣に薄れていくのは少し悲しいです。


★本ブログとは別に
野球について知ったこと
というブログも書いています。よろしければこちらもどうぞ!
posted by 野球ゴロク編集長 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。